NHKから国民を守る党への刑事告発をまとめてみた

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
N国党
この記事は約2分で読めます。


10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。



立花孝志とNHKから国民を守る党は刑事告発をされていた。

「え!?何があったの!?」

「NHKをぶっ壊すって言ってたやん」

「NHKの陰謀だ!!」

 さて、真相は如何に。

 記事が増えるたび掲載していきます。

スポンサーリンク

第一弾 NHKから国民を守る党が刑事告発される

 さて、この度立花孝志党首及びNHKから国民を守る党コールセンター と訪問員撃退行為をされている議員の方々(ボランティア)そしてYouTubeやTwitter上でもNHKから国民を守る党を幇助しNHKの業務妨害をされてる数名を偽計業務妨害として告発させて頂きました。




第二弾 偽計業務妨害について詳しく解説

 告発者がどの様なN国の行為を刑事告発されたかは僕もわかりませんが、立花やN国議員は現状国政政党という極めて大きな信用を背景に

「受信設備があっても、NHKを見ていなけりゃ受信契約をしなくても大丈夫」

「受信契約をしていてもお金を払わなければ大丈夫」

 と義務不履行を動画配信やビラ配布などで、一般市民に推奨しています。これは、人に対する誘惑、計略、策略であるという評価に十分なり得ます。





第三段 告発者からのメッセージ

 某コールセンタースタッフがテレビがあるにも関わらず集金人を追い返す指示をしています。電話先で訪問員に対して大声で恫喝をしている人もいます。

※「帰れやボケ!てめーは消えろカス」

 この音声データも提出しました。

 つまりN国党はテレビのある無しに関わらず集金人を撃退している事実を突き止めました。情報提供者はその後裁判されN国党へ電話をしましたが、運が悪いとしか言われなかったとの事です。結局支払うようになったとの事。





第四段 N国党の反論はウソであった

 実は放送法64条1項但書の解釈は裁判所で争われ判断も出ています。その際はNHK側の主張が認められ「設置者の主観的な目的で判断されるものではない」と明言されました。この基準は「NHKを私は見ない」という主観は考慮されないことと裁判所が判断したものです。





他のNHKから国民を守る党の記事

 こちらをクリック↓
 https://withktsy.com/archives/category/nkoku



\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました