アスリートイメージランキング・羽生結弦選手が二年連続 総合ランキング一位に輝く!!

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約3分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。


 アスリートの総合的なイメージを調査した結果、総合ランキング一位となったのはソチオリンピック、平昌オリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手であった。二位にはラグビーのリーチマイケル選手、三位にメジャーリーガーの大谷翔平選手と続く。

kiji1-1


 ランキングに入ったアスリートたちはおそらく今後、CMなどに抜擢されるなどメディア露出度があがることだろう。

■ アスリートイメージ総合ランキング
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:リーチマイケル(ラグビー) 
3位:大谷翔平(野球)
4位:大坂なおみ(テニス)
5位:錦織圭(テニス)
6位:渋野日向子(ゴルフ)
7位:長谷部誠(サッカー)
8位:福岡堅樹(ラグビー)
9位:松島幸太朗(ラグビー)
10位:田村優(ラグビー)

Sportiva 羽生結弦 日本フィギュアスケート2019-2020シーズン序盤号 (集英社ムック)

Sportiva 羽生結弦 日本フィギュアスケート2019-2020シーズン序盤号 (集英社ムック)


■ アスリートイメージ評価 各種ランキング
・「知性的な」アスリート
1位:福岡堅樹(ラグビー)
2位:長谷部誠(サッカー)
3位:羽生結弦(フィギュアスケート)
4位:リーチマイケル(ラグビー)
5位:田村優(ラグビー)

・「親しみやすい」アスリート
1位:渋野日向子(ゴルフ)
2位:大坂なおみ(テニス)
3位:田中将大(野球)
4位:長友佑都(サッカー)
5位:伊藤美誠(卓球)

・「かっこいい」アスリート
1位:大谷翔平(野球)
2位:柳田将洋(バレーボール)
3位:井上尚弥(ボクシング)
4位:羽生結弦(フィギュアスケート)
5位:田村優(ラグビー)

・「清潔な」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:柳田将洋(バレーボール)
3位:平野美宇(卓球)
4位:髙梨沙羅(スキー・ジャンプ)
5位:渋野日向子(ゴルフ)

・「リーダーシップがある」アスリート
1位:リーチマイケル(ラグビー)
2位:長谷部誠(サッカー)
3位:長友佑都(サッカー)
4位:筒香嘉智(野球)
5位:柳田将洋(バレーボール)

・「生き方や発言に共感できる」アスリート
1位:福岡堅樹(ラグビー)
2位:長谷部誠(サッカー)
3位:羽生結弦(フィギュアスケート)
4位:リーチマイケル(ラグビー)
5位:大谷翔平(野球)

・「勢いを感じる」アスリート
1位:松島幸太朗(ラグビー)
2位:渋野日向子(ゴルフ)
3位:リーチマイケル(ラグビー)
4位:姫野和樹(ラグビー)
5位:八村塁(バスケットボール)

・「夢や感動を与えている」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:松島幸太朗(ラグビー)
3位:リーチマイケル(ラグビー)
4位:大谷翔平(野球)
5位:田村優(ラグビー)

【新品】【本】〈スポーツ感動物語〉アスリートの原点 3 確かな信頼、訪れる栄光 リーチ マイケル/安樂智大/奈良くるみ バスケットボール女子日本代表ほか

【新品】【本】〈スポーツ感動物語〉アスリートの原点 3 確かな信頼、訪れる栄光 リーチ マイケル/安樂智大/奈良くるみ バスケットボール女子日本代表ほか



 今回の調査はCMキャスティングなどに使用する基幹データである。2019年10月に、株式会社博報堂DYメディアパートナーズが株式会社博報堂DYスポーツマーケテデータスタジアム株式会社と共同で行った。

■ 調査概要 ■
・調査方法:Web調査・調査地区:首都圏+京阪神圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)・調査対象者:対象エリアに在住の15~69歳の男女・有効回収サンプル数:600サンプル・調査期間:2019年10月17日~10月23日


 ちなみに2018年度アスリートイメージランキングはこちらになる。

kiji1-2

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました