【コロナウイルス】元通訳捜査官・坂東忠信が痛恨のミス、中国語を聞き取れなかった。ネットの反応「おま、さすがにwww」「通訳(できない)捜査官に草」

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約3分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。

三行まとめ
・吉田康一郎氏、中国語が日本語に聞こえてデマを撒く
・坂東忠信氏、さらに誤訳をしてしまう。
・動画の添付された元ツイートに「日本人に手を出したな」との勘違いリプが殺到


中国と韓国の話題ばかりが大好きな中野区議の吉田康一郎氏がとある動画が添付された中国語のツイートを引用してこの様なツイートをした。

この動画、押さえられている女性は日本語で「お母さん」と叫んでいる。どこで何が起きているのだろう?

まずネタバラシをするが、女性は「お母さん」と言ってはいない。「我不要走(wo bu Yao Zou)」、「私行かない」と叫んでいるのである。新型コロナウイルスに感染した女性が隔離されるのを拒否して、拘束されている場面だろう。

しかし、吉田康一郎氏のデマだけでは終わらない。連携プレーはスペインサッカー並であるこの界隈、元通訳捜査官(中国語・北京語)を自称している坂東忠信氏は上の動画に対してこのように解説をしてしまったのである。

彼女の言葉は北京語(中国語)ではないですね。「行きたくない」ならちょっと発音は違うし、途中で「待ってちょうだい」って聞こえません? お母さんが収容されて取り乱したのか? 警察側も悪意でやっているようにも見えず、暴れるから中華流の抑え込み方をしているのだと思います。

なんのことはない、平常運転。通訳捜査官失格である。


ネットの声

通w訳w捜w査w官

この誤訳はひどい

だから中山恭子元議員にあげたサイン本をブックオフに売られるんだよ

こいつ誰?

ネトウヨビジネスやっとる通訳捜査官

……わからんw通訳捜査官ってなんや?

知らんw

日本人に手を出したな!

落ち着けネトウヨ

吉田康一郎もひどいが、通訳捜査官はさらにwww

仕事できなそう……


寸評

吉田康一郎氏のツイートにより、この女性は日本人だと勘違いした、落ち着いて情報を整理できないチルドレン達は元の動画が添付されているのツイートに対して「日本語だ!」「日本人に手を出したな!!」「はっきりとした日本語で「お母さん」を呼んでる」とこのようなリプを寄せてしまった。

そう、はっきりと恥を晒してしまったのだ。

さらに通訳捜査官であったはずの坂東忠信氏が間違えるのはさすがに驚いた。この人は本当に通訳を本業としていたのだろうか。たしかに中国語は日本の方言とは異なり、英語とフランス語なみに各地方で違いがあるとされ、言語は7種類に渡る。しかし、彼女が喋っていたのは「長沙語」らしく、中国国内で二番目に使用されるものである。通訳捜査官ならばさすがに発音がちょっと違うからと誤訳してしまう前に「長沙語」だと指摘して欲しいものだ。

ちなみに、過去に中山恭子元議員が坂東忠信氏のサイン本をブックオフに売っ払った記事を書かせていただいたところ、からあげ速報は坂東忠信氏からブロックをされてしまった。


\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. 匿名 より:

    ネトウヨやらかし大賞

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました