アジア映画で初の快挙、アカデミー賞最多4部門受賞『パラサイト 半地下の家族』で保守界隈が阿鼻叫喚 ネットの反応「日本統治時代に蒔いたタネが花開いたな」「アカデミー賞は反日」

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
サブカル
この記事は約4分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。

三行まとめ
・アカデミー賞の4部門制覇、アジア映画として史上初の韓国映画登場。
・からあげ速報にサブカル記事は寄稿してくれているサブカルおじさんが大興奮。
・ネトウヨ、阿鼻叫喚。


アジア単独制作でアカデミー賞を4部門受賞し、オスカーの頂点に輝いた韓国映画『パラサイト』。アジア映画として史上初の自体に、ネットでは「おめでとう!」「見に行きたい!!」「面白かった!」など称賛の声に溢れている。

ポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞に輝いた。合作ではなくアジア単独製作の映画がオスカーの頂点に輝くのは、史上初の快挙だ。外国語のみの映画の作品賞受賞も初。それだけでなく、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)の最多4部門受賞となった。

『パラサイト 半地下の家族』は、全員無職で半地下の家で暮らすギテク一家(ソン・ガンホら)が、徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していくさまを描いたブラックコメディー。貧富の差の問題を扱いつつ思わぬ展開の連続で、神がかったレベルでエンターテインメント性と社会性を両立しており、第72回カンヌ国際映画祭での最高賞パルムドール受賞を皮切りに、映画賞レースを席巻してきた

作品賞は『パラサイト 半地下の家族』!アジア単独映画初の快挙&最多4部門受賞 https://www.cinematoday.jp/news/N0114012
サブカルおじさん
サブカルおじさん

え、あ、ちょ、パラサイト作品賞! まじか!

かとさよ
かとさよ

なにそれ

サブカルおじさん
サブカルおじさん

(イラッ)……韓国映画です

かとさよ
かとさよ

へー

サブカルおじさん
サブカルおじさん

(イラッ、イラッ)……韓国語の映画で作品賞って前代未聞。 「パラサイト 韓国」 あたりで検索してみてください。

かとさよ
かとさよ

……え、史上初!?
すげーーーー

サブカルおじさん
サブカルおじさん

アメリカのアカデミー賞の作品賞(要はみんなが注目してる最高賞)に韓国のポンジュノ監督が撮った『パラサイト』が受賞。 韓国語のセリフだし、タイトルも英語表記はありつつもハングルの映画。
これ見て下さい!!

かとさよ
かとさよ

アメリカが破壊されるwww
それほど前代未聞な自体なんだ

サブカルおじさん
サブカルおじさん

アメリカでもこの反応になるくらい前代未聞。 アカデミーは外国語映画賞もあるのに、本ちゃんの作品賞取っちゃった。

政府から褒めてもらえなかった「万引き家族」の是枝監督と、「パラサイト」のポンジュノ監督の対談おいておきますね

ポン・ジュノ監督×是枝裕和監督 スペシャル対談 全文掲載|けさのクローズアップ|NHK おはよう日本
 
かとさよ
かとさよ

あ、万引き家族は見ましたよ。
あれはよかった!

サブカルおじさん
サブカルおじさん

そんな素晴らしい作品が、またアジアから生まれたんですよ。

韓国は外貨獲得のためにエンタメにものすごい力をいれているのは知ってると思うけど、音楽だけじゃなくて映画もすごい。 その最大の成果がついに出た。

もう日本は追いつくのは相当難しい。個人レベルで頑張ってるひとはたくさんいるけど限界がある。

是枝監督の万引き家族がカンヌ取った時に見もしないでクソみたいな評価をして褒めもしなかった日本の政治家。 ポンジュノ監督パラサイトが万引き家族の翌年に同じくカンヌを取って、さらにはアカデミー作品賞まで昇り詰めた韓国。

この対比は日本のサブカルチャー、いや芸術全て、文化全てに対する無知、専門家の意見より政治の意見を優先するクソ判断、政策。 これを完全に浮き彫りにしたと思う。

映画ファンとしてはどこの国の映画だろうと関係なく美味しいです。

かとさよ
かとさよ

これは見に行かねば!

さぶかるおじさんTISM氏の映画レビュー等の記事はこちら

『パラサイト 半地下の家族』予告編


ネットの反応

日本統治時代に蒔いたタネが花開いたな

ネトウヨさん、負け惜しみが過ぎるよwww

バカデミー賞、全部門制覇!
#アカデミー賞は反日

キモっ

アメリカの資本入ってない純度100%韓国映画。それでアメリカのアカデミー賞獲るなんてすげえんだよマジ。

おめでとう!!

ネトウヨが国を挙げて裏から手を回してる案件でしょw

保守的なアカデミー賞の壁を破った

歴史が動いたアカデミー賞

アジア人として誇りに思うし、日本映画も負けてられません


寸評

見てないのでなんとも言えないが、さぶかるおじさんの激推しということでこれは必見映画。というわけで今晩観に行くことになった。

明日にはこの欄には感想なりが書かれていることだろう。おそらく。


\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. トリ食えば名無し より:

    2020年2月17日、環球時報は、アカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、韓国の航空会社が機内での放映を見送ったと報じた。

    同作品は昨年5月にカンヌ国際映画祭で韓国映画初のパルム・ドールを受賞。先日のアカデミー賞でも作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門で賞を獲得した。日本でも今年1月に公開されている。

    記事は、韓国・聯合ニュースの15日付報道を引用。

    大韓航空の機内放映映画の選定基準に「旅客機の事故シーンなど乗客に不安を与えるもの、特定の国や民族をおとしめるもの、政治や社会の論争を巻き起こし得る映画は放映リストから除外する」とあり、韓国国内の貧富格差などを描いた同作品は「韓国のネガティブなイメージを与える内容」としてこの基準に引っ掛かったと伝えた。

    また、大韓航空だけでなく、アシアナ航空も同作品の機内放映を見送る姿勢を示したことを紹介。「昨年5月にカンヌで賞を取った時点でアシアナ航空内部では機内放映の是非について検討されていたが、結局放映しないことになった」と報じている。

    けしからん

  2. トリ食えば名無し より:

    国が予算を投じてアカデミー賞にお金を出しただけ

    • トリ食えば名無し より:

      あなたアカデミー賞買収の証拠発見したなら大スクープですよ!それとも自宅から念力で覗いたんですか?

  3. トリ食えば名無し より:

    ポン・ジュノは「殺人の追憶」と「母なる証明」をニコで見たけど、凄かった

  4. トリ食えば名無し より:

    ヲタ恋なんかよりパラサイトが断然見てみたい

  5. トリ食えば名無し より:

    ケンローチの『私はダニエルブレイク』『家族を想うとき』、是枝宏和『万引き家族』、新海誠『天気の子』、ジョーダンピール『アス』、ポンジュノ『パラサイト』と経済格差×(擬似)家族テーマの映画がイギリス、アメリカ、日本、韓国と世界同時的に生まれているのは面白いね

    • トリ食えば名無し より:

      なんだかんだいって人類どこでも似たようなもんなんだな、と思う

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました