【文字起こし】緊急事態・コロナウイルス感染症、ダイヤモンド・プリンセスで何が起こっていたのか!?COVID-19製造機とは?感染症の専門家、岩田教授が目にしたものは……

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約12分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。

三行まとめ

・災害派遣医療チーム『DMAT』すら自分自身の感染予防を十分に出来ていない。そんな彼らは医療従事者であり、帰ると自分たちの病院で仕事をする。

・船内は安全な場所かウイルスが存在する危険な場所かなどのレッドゾーンとグリーンゾーンの概念が崩壊しており、感染症のプロが恐怖に感じる。

・感染症の専門家が一人もおらず、専門家ではないものが対策を講じており、特に厚労省の官僚が意思決定を行う


神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授がダイヤモンド・プリンセスに検査のために入船したが厚労省のトップにより一日で追い出されてしまった。船内で起こっていたありえないことを 感染症の専門家として動画内で語っている。

文字起こしは下に載せておく。

スポンサーリンク

0:00~

岩田健太郎です。
神戸大学病院感染症内科教授をしていますけれども、今からお話しする内容は神戸大学など所属する機関とは一切関係なく私個人の見解です。
予め申し上げておきます。

今日2月18日にダイアモンドプリンセスに入ったんですけど、1日で追い出されてしまいました。
何故そういうことが起きたのかについて、簡単にお話ししようと思います。

もともとその、ダイアモンドプリンセスはすごくCOVID-19の感染症がどんどん増えていくということで、感染対策はすごくうまくいってないんじゃないかという懸念がありました。環境感染学会が入り、FETP(Field EpidemiologyTrainingProgram 実地疫学専門家養成コース)が入ったんですけど、あっという間に出て行ってしまって中がどうなっているかよくわからないという状態でした。

中の方からいくつかメッセージをいただいて「怖い」と、感染が広がっていくんじゃないかという事で私に助けを求めてきたので、いろんな筋を通じて何とか入れないかと打診してたんです。

そうしたら昨日2月17日に厚労省で働いている某氏から電話がきて、入ってもいいよとやり方を考えましょうということでした。

最初、環境感染学会の人として入るという話だったんですけれども、環境感染学会はもう中に人を入れないという決まりを作ったので、岩田一人を例外にできないということでお断りをされた
結局DMAT(Disaster Medical Assistance Team 災害派遣医療チーム)、災害対策のDMATのメンバーとして入ってはどうかというご提案を厚労省の方からいただいたので、わかりましたということで18日朝に新神戸から新横浜に向かったんです。

そうしたら途中で電話がかかってきて、誰とは言えないけど非常に反対している人がいると、入ってもらっては困るということでDMATのメンバーで入るという話は立ち消えになりそうなりました。

すごく困ったんですけど、何とか方法を考えるということで、しばらく新横浜で待っていたらもう1回電話がかかってきて、DMATの職員の下で感染対策の専門家ではなく、DMATの一員としてDMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげるという非常に奇妙な電話をいただきました。

なぜそういう結論が出たのかわからないですけど、とにかく言うことを聞いてDMATの中で仕事をしてだんだん顔が割れてきたら感染のこともできるかもしれないから、それでやってもらえないかと非常に奇妙な依頼を受けたんです。

他に入る方法はないものですから、分かりましたと言って現場に行きました。そしてダイアモンドプリンセスに入ったわけです。

入ってご挨拶をして、最初はこの人の下につけと言われた方にずっと従っているのかなと思ったら、DMATのチーフのドクターと話をしました。

すると、お前にDMATの仕事は何も期待していないどうせ専門じゃないし、お前は感染の仕事だろうと、感染の仕事やるべきだというふうに助言をいただきました。 これDMATのトップの方です、現場のトップの方。

そうなんですかと、私は兎に角言うことを聞くと約束していましたので、感染のことをやれと言われた以上やりましょうということで、現場の案内をしていただきながら色んな問題点というものを確認していったわけです。

それはもうひどいものでした。

もうこの仕事20年以上やってですね、アフリカのエボラとか中国のSARSとか色んな感染症と立ち向かってきました。もちろん身の危険を感じることは多々あったんですけど、自分が感染症にかかる恐怖っていうのはそんなに感じたことはない。

どうしてかというと、僕はプロなので自分がエボラにかからない、SARSにかからない方法っていうのは知ってるわけです。 或いは他の人をエボラにしないSARSにしない方法とか、その施設の中でどういうふうにすれば感染がさらに広がらないかという事も熟知しているからです。

それが分かっているからど真ん中に居ても怖くない、アフリカに居ても中国に居ても怖くなかったわけですが、ダイアモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。これはもうCOVID-19に感染してもしょうがないんじゃないかと本気で思いました

レッドゾーンとグリーンゾーンというんですけど、ウイルスが全くない安全なゾーンとウイルスがいるかもしれない危ないゾーンというのをきちっと分けて、レッドゾーンでは完全にPPE(個人用防護具)という防護服をつけグリーンゾーンでは何もしなくていいと、こういうふうにきちっと区別することによってウィルスから身を守るというのは我々の世界の鉄則なんです。

5:00~

ところが、グリーンをレッドもぐちゃぐちゃになっててどこが危なくてどこが危なくないのか全く区別がつかないどこにウイルスが、ウイルスって目に見えないですから完全なそういう区分けをすることで初めて自分の身を守るんですけど、もうどこの手摺りとどこの絨毯どこにウイルスがいるのかさっぱり分からない状態でいろんな人がアドホックに PPEをつけてみたり手袋をはめてみたりマスクを付けてみたりつけなかったりするわけです

で、クルーの方もN95をつけてみたりつけなかったり、あるいはその熱のある方がですね自分の部屋から出て歩いて行って医務室に行ったりするっていうのが通常で行われているということです。

私が聞いた限りではDMATの職員それから厚労省の方、検疫家の方がPCR陽性になったという話は聞いてたんですけどそれはもうむべなるかなと思いました。中の方に聞いたら「いやー我々もこれ自分たちも感染するなと思ってますよ」という風に言われてびっくりしたわけです。どうしてかというと我々がこういう感染症のミッションにでるときは必ず自分たち医療従事者の身を守るっていうのが大前提で、自分たちの感性のリスクをほったらかしにして患者さんとかですね一般の方々に立ち向かうのは御法度これもルール違反なわけです。

環境感染学会やFETP(国立感染症研究所の実地疫学専門家)が入って数日で出て行ったっていう話を聞いたときにどうしてだろうと思ったんですけど、中の方は「自分たちに感染するの怖かったんじゃない」という風に仰っていた人もいたんですが、それは気持ちはよく分かります。なぜならは感染症のプロだったらあんな環境に行ったら、ものすごく怖くてしかたないからです。で僕も怖かったです。

これはもう感染、今これ某ちょっと言えない部屋にいますけど、自分自身も隔離して診療も休んで家族とも会わずにいないとやばいんじゃないかと、個人的にはすごく思っています。今私がこうCOVID-19、ウイルスの感染を起こしても全く不思議ではない

その PPE とかですね手袋とかあってもですね、安全と安全じゃないところっていうのをちゃんと区別できてないそんなものは何の役に立ったないんですね。レッドゾーンでだけPPE をきちっとつけてする安全に脱ぐっていうことを遵守して初めて自らの安全が守れる。自らの安全が保障できないときに他の方の安全なんか守れない。今日は藤田医科大学に人を送ったり搬送したりするってことで皆さんすごく忙しくしてたんですけど、そうするとこう研究所の方と一緒に歩いててヒュッと患者さんとすれ違ったりするんです。今、患者さんとすれ違っちゃうと、笑顔で検疫所の職員が言っているわけですよね。

我々的には超非常識なこと平気で皆さんやってて、でみんなそれについて何も思っていないと。聞いたらそのそもそも常駐してプロの感染対策の専門家が一人もいない。あの時々いらっしゃる方いるんですけど彼らも結局やばいなと思ってるんだけど何も進言できないし、進言しても聞いてもらえない

やってるのは厚労省の官僚たちで、で私も厚労省のトップの人とに相談しました、話ししましたけどものすごく嫌な顔せて聞く耳持つ気ないと。で、「なんでお前こんなとこにいるんだ」「何でお前がそんなこと言うんだ」みたいな感じで知らん顔するということです。非常に冷たい態度を取られました。

DMATの方にもそのようなことで「夕方のカンファレンスで何か定義申し上げてもよろしいですか」と聞いて、「まあ、いいですよ」という話をしてたんですけど、突如として夕方5時ぐらいに電話がかかってきて、「お前は出ていきなさい」と検疫の許可は与えない、まあ臨時の検疫官として入ってたんですけど、その許可を取り消すということで資格を取られて研究所の方に連れられて、当初電話をくれた厚労省にいる人に会って、「なんでDMATの下でDMATの仕事をしなかったのと感染管理の仕事をするなと言ったじゃないか」と言われました。

DMATの方にそもそも感染管理してくれって言われたんですよって話したんですけど、とにかくあの岩田に対してすごいムカついた人がいると、誰とは言えないけどムカついたと、お前はもう出ていくしかないんだ、って話をしました。

でも僕がいなかったら、いなくなったらこの感染対策するプロに一人もいなくなっちゃうって話をしたんですけど、それは構わないんですかって聞いたんですけど、それからこのままだともっと何百人というかな感染者がおきてDMATの方も……DMATの方を責める気はさらさらなくて、あの方々は全くその感染のプロではないですからその

どうも環境感染学会の方が入った時にいろいろ言われて、DMATの方は環境のプロ達にすごく嫌な思いをしてたらしいですね。それはまあ、申し訳ないなと思うんですけれども、別に彼らが悪いって全然思わない。専門領域へ違いますから。しかしながら彼らが実は恐ろしいリスクの状態にいるわけで自分たちが感染するという。それを防ぐこともできるわけで方法ちゃんとありますから。
ところがその方法が知らされずに自分たちをリスク下においていると、そしてそのチャンスを奪い取ってしまうという状態
ですね。

彼ら医療従事者ですから、帰ると自分達の病院で仕事するわけで、今度はそこからまた院内感染が広がってしまいかねない。

ねぇ、もう~これは、あの……大変なことでアフリカや中国なんかに比べても全然ひどい感染対策をしている。シエラレオネなんかの方がよっぽどマシでした

10:00~

日本にCDCが無いとはいえ、まさかここまで酷いとは思ってなくて、もうちょっとちゃんと専門家が入って、専門家が責任を取って、リーダーシップをとって、ちゃんと感染対策についてのルールを決めてやってるんだろうと思ったんですけど、まったくそんなことはないわけです。もうとんでもないことなわけです。

これ、英語でも、つたない英語でも収録させて頂きましたけど、とにかく多くの方にこのダイヤモンドプリンセスで起きていることをちゃんと知って頂きたいと思います。そしてできるならば、ちゃんと学術会ですとかね、或いは国際的な団体なり日本に変わるように促して頂きたいと思います。彼らはまぁ、あの、残念ながら。

あの、編集が下手でちょっと変なつながりになったと思いますけども、考えてみると03年のSARSの時に、僕も北京に行ってとても大変だったんですけど、特に大変だったのはやはり中国が情報公開を十分してくれなかったというのがとても辛くて、何が起きているのかよく分からないと。

北京にいて本当に怖かったです。でも、その時ですらもうちょっときちっと情報は入ってきたし、少なくとも対策の仕方は明確で、自分自身が感染するリスク、SARS死亡率10%で怖かったですけれども、しかしながら今回のCOVID-19、少なくともまぁ、ダイヤモンドプリンセスの中のそのカオスの状態よりは、遥かに楽でした。

思い出して頂きたいのは、そのCOVID-19、武漢で流行りだした時に、警鐘を鳴らしたドクターが、ソーシャルネットワークを使って、これはヤバいと勇気を持って言ったわけです。昔の中国だったらあのようなメッセージが外に出るなんて絶対許さなかったはずですけど、中国は今、BBCのニュースなんか聴くと、やっぱ、オープンネスとトランスペアレンシー(透明性)を大事にしているとアピールしています

それがどこまで正しいのか僕は知りませんけど、少なくとも透明性があること、情報公開ちゃんとやることが、国際的な信用を勝ち得る上で大事なんだってことは理解しているらしい。

中国は世界の大国になろうとしてますから、そこをしっかりやろうとしている。ところが日本は、ダイヤモンドプリンセスの中で起きてることは全然情報を出していない

それから、院内感染が起きているかどうかは、発熱のオンセットをちゃんと記録して、それから、カーブを作っていくという、 統計手法「epi-curve」 ってのがあるんですけど、そのデータを全然とっていないということを、今日教えてもらいました。 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応) の検査をした日をカウントしても、感染の状態は分からないです。

このことも実は厚労省の方に既に申し上げていたんですけども、何日も前に。全然、されていないということで、つまり要は、院内の感染がどんどん起きててもそれに全く気付かなければ、気付いてもいない、対応すらできていない、で、専門家もいないと。ぐちゃぐちゃな状態になったままでいるわけです。

このことを、日本の皆さん、或いは世界の皆さんが知らぬままになってて、特に外国の皆さんなんかはそうやってこう、かえって悪いマネジメントで、ずっとクルーズの中で、感染のリスクに耐えなきゃいけなかったということですね。

やはりこれは日本の失敗なわけですけれども、それを隠すともっと失敗なわけです。 確かにあの、まずい対応であるということがバレるというのは、それは恥ずかしい事かもしれないですけど、これを隠ぺいするともっと恥ずかしいわけです。

やはり情報公開大事なんですね。

誰も情報公開しない以上はここでやるしかないわけです。ぜひ、この悲惨な現実を知って頂きたいということと、ダイヤモンドプリンセスの中の方々、それからDMATやTPATや厚労省の方々がですね、或いは検疫従事の方々がですね、もっとちゃんとプロフェッショナルなプロテクションを受けて、安全に仕事ができるように…彼ら本当に、お気の毒でした。

という事で、全く役に立てなくて、非常に申し訳ないなという思いと、この大きな問題意識を皆さんと共有したくて、この動画を上げさせて頂きました。

▼SPECIAL THANKS▼
チョコレートサイダー通信とその従者たち


\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. トリ食えば名無し より:

    本当は優秀な人です。ちょっと・・・にみえても

  2. トリ食えば名無し より:

    センセ 菅直人ソックリとまで言われて・・・おかわいそうに

  3. トリ食えば名無し より:

    前提としてすでに船内は汚染されていた訳で
    限られた空間のなかで完全区割りなんて出来なかったと思う。
    理想は完全隔離だろうし専門家だから許せない事もあるんだろうけど
    CDCでさえ「十分ではなかった」という表現でとどめている意味が
    この人にはわからないんだろう。
    机上の空論なら誰でも出来る。

  4. ななし より:

    この人感染症のプロとは関係無いと思うけど、こんな記事書いてるここのブログ主は論文検索すらしないの? 最低限の常識がないわけ?

    私はおかしな教授が出しゃばってたらすぐciniiで論文検索するけどな。
    日本の法律では、大学教授が論文書いたらciniiなどネットで公開しなければならないのに、この人では糞投稿ばっかヒットする。サヨク教授まんまの行動。

    では何がどうプロなのか教えてくれるかな。そもそも管理すべきはイギリスとアメリカなんだけど。

    • かとさよかとさよ より:

      学者気取りの竹田恒泰のことか?

    • トリ食えば名無し より:

      >この人感染症のプロとは関係無いと思うけど

      神戸大学病院感染症内科の教授であり、米国感染症専門医でもある岩田教授が感染症のプロではないとするなら、感染症のプロとは一体どのような人物を指すのでしょうか。
      あなたのプロの定義を教えていただきたい。

      >この人では糞投稿ばっかヒットする。

      岩田教授は米国の病院で感染症フェローをされていたくらいですから、当然英語で論文を書かれています。
      論文検索は英語で行うのが最低限の常識と思っておりました。

      https://doi.org/10.1097/QCO.0000000000000280
      https://doi.org/10.2169/internalmedicine.49.4010
      https://doi.org/10.1016/j.ijid.2012.09.010
      https://doi.org/10.1111/den.12317
      https://doi.org/10.1016/j.amjcard.2006.10.040
      https://doi.org/10.1093/cid/ciw763

    • トリ食えば名無し より:

      >この人感染症のプロとは関係無いと思うけど

      神戸大学病院感染症内科の教授であり、米国感染症専門医でもある岩田教授が感染症のプロではないとするなら、感染症のプロとは一体どのような人物を指すのでしょうか。
      あなたのプロの定義を教えていただきたい。

      >この人では糞投稿ばっかヒットする。

      岩田教授は米国の病院で感染症フェローをされていたくらいですから、当然英語で論文を書かれています。
      論文検索は英語で行うのが最低限の常識と思っておりました。

      ttps://doi.org/10.1097/QCO.0000000000000280
      ttps://doi.org/10.2169/internalmedicine.49.4010
      ttps://doi.org/10.1016/j.ijid.2012.09.010
      ttps://doi.org/10.1111/den.12317
      ttps://doi.org/10.1016/j.amjcard.2006.10.040
      ttps://doi.org/10.1093/cid/ciw763

    • トリ食えば名無し より:

      >論文検索は英語で行うのが最低限の常識と思っておりました。
      でも英語論文読んだことはないんでしょう
      あげてある論文て まあ飛沫感染からかんけいするかな~~てのが1本目のみ
      ウイルス感染の論文なんて一本もないじゃない
      もともと大先生は
      院内感染や抗生剤の使用方法の専門家
      抗生剤はウイルスには効かんよ

    • トリ食えば名無し より:

      高山先生の反論がPostされてから
      すぐ動画削除したのが全てじゃね?

    • トリ食えば名無し より:

      >ウイルス感染の論文なんて一本もないじゃない
      「感染症のプロとは関係無い、糞投稿ばっか」という発言された方に対し
      「感染症専門医ですよ、感染症に関する論文も書かれてますよ」と反論しているだけですので。

      >もともと大先生は院内感染や抗生剤の使用方法の専門家
      それは知りませんでした。
      北京ではSARSの対策に当たっていましたし、エボラ出血熱流行の際には専門家として外務省から派遣されたくらいなので、てっきりウイルス感染症にも詳しい方なのかと誤解しておりました。

    • トリ食えば名無し より:

      >北京ではSARSの対策に当たっていましたし、
      >エボラ出血熱流行の際には専門家として外務省から派遣された
      ..
      observergとしてobserveされてきたわけですね
      それはそれは

  5. トリ食えば名無し より:

    放射能は安全とか言ってる御用学者も、フクイチの中で作業させたら意見変わるかも🤣

  6. トリ食えば名無し より:

    本人は動画削除
    何かまずい内容があったんでしょうかねぇ~~

  7. かとさよかとさよ より:

    差別的言動を繰り返し、根拠がないことを主張。同じコメントを連投するなど、何度もやらかしているTaiekigunjin氏のコメントは削除させていただいております。

    • アレル外道 より:

      TaiekigunjinってやつTwitterあかんと教えろ 俺が行ってやるから

    • かとさよかとさよ より:

      コメントにしかこないのでわからないですwww

  8. トリ食えば名無し より:

    昔から我が国は官尊民卑であり、情報公開に消極的で透明性の低い国家であると理解はしていた
    しかし、それでも官僚は専門分野において優秀であり、危機的な事態に適切に対応できるだろうと信じていた
    実のところ、専門家の知見を取り入れることもできず、見識のある人から見たら不適切極まりない対策しか取れない傲慢な無能の集まりであるなどとは夢にも思わなかった
    このような告発は価値がある
    所詮我が国のお役所は外からの圧力が無ければ何も変わることのできない精神的田舎者の集まりなのだから

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました