拡散され続ける養育費2億円。LivedoorNewsもフェイクニュースを取り上げてしまう。

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約2分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。

 #養育費2億円 というワードがトレンド入りした。

 何の話だろうかと検索をかけると、老舗ニュースサイトGIGAZINEにて日本語に翻訳されたニュースが出元のようである。以下のURLからリンクが飛べる

 アメリカの裁判所が28歳の億万長者の男性に対し、40歳の元ホテル勤務の清掃員である女性に「子どもの養育費」として200万ドル(約2億1810万円)の支払いを命じました。
ジェーンさんはホテルの一室で当時24歳の男性が残した銀行取引の明細書を発見し、宿泊客の男性が億万長者だということに気づきました。そして、明細書と一緒にごみ箱から発見されたのが、精液が詰まった使用済みコンドームです。清掃作業中に使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込んだことを明らかにしました。

 

 まず先に言っておくと、これはFakeNewsである。

kiji1-9



 発信元のサイトのヘッダーの下には、パロディニュースサイトであり、冗談ということがアフリカーンス語やズール語で書かれているのである。また発信元のFaceBookにもパロディニュースサイトである旨が大きく明記されていた。

kiji1-2

 問題視しなければならないのは情報の取捨選択する能力である。このニュースは信頼がおけると鵜呑みにするのはいいが、このようなニュースがあればその話題性を考えれば他の主要メディアも報じているのではないだろうか。しかし報じているのは『ihalaya news』という見たこともないサイトと、それを翻訳した『GIGAZINE』である。そのように思考を巡らせれば、トレンドで見つけたとしても見解を述べたり、リツイートしたりすることを踏みとどまることができるだろう。

kiji1-1
kiji1-10
kiji1-10
kiji1-5

 しかし脊髄反射勢というのは当然いる。



 ありもしない女性を叩いたり、ファクトチェックすらせずにたとえ話をだしてリアリティがあると語りだしたりと、散々な状況であった。いや、現在進行形でフェイクニュースだという情報が出回った後も、未だにGIGAZINEの翻訳した記事を読んでツイートをする人が減っていない。

kiji1-9



 それどころかLivedoorNewsもファクトチェックすらせずにやらかしてしまう。Livedoorブログを使っている『からあげ速報』の肩身が狭い。さっさとWordPressを導入するべきだろうか。


 今ならば検索すれば、フェイクニュースであることがすぐにわかるのに大手Livedoorでさえこのありさまだ。日々、大量の情報が消費されていく。おそらく明日には「そんなこともあったな」程度の認識であろう。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました