#MeToo 映画の決定版!『スキャンダル』を見て #WithYou の声をあげるのだ!

TISM

TISM

スポンサーリンク
サブカル
この記事は約5分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。




2月11日、フラワーデモに参加してきました。僕はフラワーデモの名前こそ聞いたことあったものの中身はよく知らなかったのですが、フォロワーさんからの勧めもあって「物は試し」と参加してきたのでした。

生で性被害当事者の声を聞く経験は僕にとってとても大きくて、 #MeToo から #WithYou に、もうこのムーブメントは移行していることを感じたし、それにとても共感することができた体験でした。

何でこんな話をしてるかというと、この『スキャンダル』という映画は #MeToo が世界的なムーブメントになる直前の実話をそのまま実名で作られた映画だからなのです。

そしてこの話、アメリカでは言わずと知れた大事件なのかもしれませんが、 #MeToo といえばハーヴェイ・ワインスタイン事件しか出てこない人が多いはずなので、この邦題で予告編を見てもセクハラ告発の #MeToo 映画だと伝わりきってない(不勉強ながら僕がそうでした)のでは?と思うのです。

MeToo やフラワーデモに関心がある人、フェミニズムに関心のある人は必見の映画なんですよ!ってことを伝えたい。そしてこの記事が映画『スキャンダル』を見る手引きになれば、と思っています。

スポンサーリンク

映画の背景と登場人物たち

実際に起こった事件を元にしている映画なので、事実の部分で映画としてサプライズにしているととれる部分以外はネタバレしていきます。ご注意くださいね。

舞台は2016年アメリカ。FOXニュースというニュース専門TV局です。非常に保守的なメディアで共和党を応援、映画ではトランプ批判→トランプ支持へと態度を変える時期を描いています。

主な登場人物は4人。

ほとんどが実在の人物ですが、画像は映画で演じる役者です。お間違いなきよう。

FOXニュースのCEO、ロジャー・エイルズ。 セクハラ野郎。 2階の自室で番組をモニターしていて、いちいち注文をつけます。

ベテランキャスターのグレッチェン・カールソン。ニコール・キッドマンが演じます。 FOXニュースをクビになり、ロジャーのセクハラを訴えます。

人気キャスターのメーガン・ケリー。シャーリーズ・セロンが演じます。見事な特殊メイクでメーガンに変身させた日本出身のカズ・ヒロさんが今年のアカデミー賞でメイク・ヘアスタイリング賞を受賞したことでも話題になりましたね!

新人キャスターのケイラ。彼女は架空のキャラクター。スターキャスターになるために現在進行形でロジャーからセクハラ被害を受ける役として登場します。ケイラというキャラクターを配したことによって、過去の話じゃない今でも続いてる問題なんだと感じることができます。

思わず舌打ちしてしまうセクハラの数々

ロジャーや他の男性からのセクハラの酷さは見ていてムカムカ、イライラ、悪寒もはしるし、僕は無意識に舌打ちをしてしまったくらい!(周りのお客さんごめんなさい!)

「テレビは視覚メディアだ」と、こんな持論を強制するロジャー。

新人起用はロジャーの部屋でボディチェック。ケイラはスカートを上げて足を見せろと迫られます。

国際女性デーの放送で、あえてノーメイクで出演したグレッチェンにこのセリフ。

セクハラを訴えるとどうなってしまうのか

ロジャーを訴えようと周到に準備を進めるグレッチェン。

弁護士は心配します。

このセクハラとパワハラの合体こそが問題の根源。グレッチェンはこれに負けないような強い意志、用意周到な頭脳があったからこそ戦えたのです。

クビになって攻撃されてまで訴えたグレッチェンに、メーガンとケイラはどう呼応するのか?他の社員の反応は?

えー!

男性ばかりのイヤな対策会議!

続きは映画で!

まとめ

前半、日本人には馴染みのないFOXニュースやアメリカ政治の説明が英語字幕もつきながら説明されます。僕ら日本人はそれに加えて日本語字幕も追わなきゃいけないので、かなりの情報量になります。でも、この記事だけでも頭に入れておいてもらえたら、読み逃しても気にせず映画を楽しめるはずです。その手助けになれば幸いです。

MeToo がワインスタイン事件で世界的に広がるまでには、こんな布石があったんだってことがよくわかる映画でした。

名古屋のフラワーデモでは韓国の先生がスピーチにいらっしゃって、韓国でも女性の政治家が性被害を訴えて #MeToo の口火を切ったとお話ししてくださいました。

日本でも伊藤詩織さんを筆頭に声があがるようにはなってきました。

でも『スキャンダル』の公開初日、僕が見た回は4人しか観客がいませんでした!
4人!
このキャストで4人?
日本出身者がアカデミー賞とって4人?
寂しすぎます!

この映画が大ヒットすることは #MeToo の声を経済的にも示すことに繋がるはずですし、男性だって、性被害にあったことがない人だって #WithYou の声を示すいい機会になると思うのです。

映画代、絶対損することのないエンタメとしても良くできた映画であることは保証します!
ぜひ映画館で!映画館で!見てください!

女性や当事者の感想募集!

性被害当事者でもなく、多くの場合加害側である男性の僕の見方と、女性や被害当事者では感じ方が違うかもしれません。

もし映画をご覧になった方がいれば、からあげ速報に記事を!短くてもいいですよ!
なんならツイートだけでもよろしくお願いします。その際、からあげ速報
@KaraAgeSokuho
や僕
@TISM06235734
に引用RTやメンションなどで通知がくるようにツイートしてもらえると嬉しいです!



このページをチップで応援

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました