ポリコレ嘲笑に4000いいね。それでもレイシズムと向き合う理由

のーべんP

のーべんP

時事・ニュース
この記事は約4分で読めます。
からあげ
からあげ

レイシズム(人種差別)は許されることではない。

ここまでは多くの人にとって共通認識でしょう。

しかし

レイシズムを見て見ぬ振りをするのも、レイシズムへの反対を冷笑・嘲笑するのも、レイシズムへの加担ではないでしょうか?

今回はそんなお話です。



悲しむべきことに連日、ヨーロッパでのアジア系への差別事件が起きている。

これを見て、普段から反差別運動やポリティカルコレクトネスを懐疑的に見ている人々は、

「それ見たことか!これがポリコレのある欧米の地金だ!」

と、ウキウキで ここぞとばかりにその無意味さを訴えている。

「出て行けコロナウイルス」と落書きされたフランスの寿司バー(引用

はっきり言おう。

だからこそポリティカルコレクトネス、反差別運動は必要なのである。

 

そもそもポリコレの盛んな欧米社会でも人種差別を始めとした差別が無くなったことはない

COVID-19が世界中に脅威を振りまく前でも、毎日の様に差別的な言動はウイルスよりも蔓延していたのだ。

彼らが知っているかは知らないが、サッカーのニュースを追いかけるだけでも毎週のように人種差別をするサポーターのニュースと、それを処分するクラブや運営団体の話が聞こえてくる。

今回のCOVID-19によるアジア系への差別はその延長線上に過ぎない。

フェイスマスクをした自撮りをし、カメラを一般アジア人男性に向けた、という内容のものだった。さらに、消毒器の写真に「僕を捕まえるには、ウイルスはもっと速くならないとね」と付け加え投稿していた。この一連の投稿はすぐに削除され、アリは9日に中国のSNSプラットフォームWeiboを通じて謝罪していた。

FAは公式声明を通じて、デレの投稿がソーシャルメディアへの利用方法を規定したFAのルールE3に抵触している可能性があることを指摘した。

「トッテナムのMFの投稿は、『“侮辱”および/または“不適切”および/または“試合の信用失墜”』に関するFAのルールE3(1)に違反したと言われています」

「さらにこの投稿は、FAルールE3(2)で定義されている『明示または黙示を問わず、“人種”および/または“肌の色”および/または“民族的出身”および/または“国籍”への言及』が含まれていたため、『さらに重大な違反』に当たると主張されています」

デレ・アリ、FAから告発される…新型コロナに言及した不適切なSNS投稿

 

だが、彼らが無視している事実として、これらの差別はメディアや反差別を訴える市民によって批判されているということであり、メディアによって大きく扱われるニュースであるということだ。

差別問題として認識されていなければ、こういったものがことごとく日本にもニュースとして届くことはないだろう。

ブッフォンは、現地時間2月13日にサン・シーロでミランと対戦したコッパ・イタリア準決勝第1レグ終了後、出待ちでサインを求めた中国人男性に対応した際に、「気をつけて、君はコロナを持っているかもしれない。見てみよう。あぁクソッ! 君は武漢の出身かい?」とイタリア語でジョークを飛ばしたのだ。

無論、ブッフォンに対しては、メディアからも非難の声が上がっている。イタリア紙『Corriere dello sport』は、「紛れもない失言」と綴れば、同じくイタリア紙『Libero』は、「不必要なジョークであり、どんな状況下にあっても不適当な皮肉である」とこき下ろした。

また、拡散された動画を目にしたファンはSNSで、「ブッフォンの信頼は墜ちた」「彼はくだらない男だ」「これが“差別の国”イタリアだ」「なぜ笑えるのか?」といった厳しい反応が殺到した。

「あぁクソッ! 君は武漢の出身かい?」名手ブッフォンが放った中国人ファンへの“ジョーク”に非難殺到!

 

こういった事態で差別が横行するのは怒りを覚えるが、それを批判し人種差別を排斥しようとする意見をメディアや公共が発し続けることは重要である。

問題だと認識されれば、解消のための取り組みが行われるからだ。

それを地金だといって放置すれば、いかなるヘイトクライムでも「そういったものだ」と現状追認に使われ、日常の風景に追いやられてしまうだろう。

反差別への肯定を「非常事態ではなんの意味もない」と嘲笑うことは、人間の本質をよく知っている現実的態度などではない。

それは自分自身の現状追認、つまり変化を否定し社会規範の進歩をも否定する姿勢に過ぎず、愚かで卑劣な態度でしかない。恥を知るべきである。

欧米などでアジア人差別を行う人々も、日本で中国人や韓国人を差別する人も、同様に愚かでありそれは批判されるものだ

 

確かに差別は存在する。

それを前提として共有し、解消していくための社会規範がポリティカルコレクトネスなのである。

引用

フランスのTwitterでは、「このレストランの収益が上がるようにしよう!」と、積極的に通うことを呼びかけるツイートが2万いいねを集めている。


からあげ
からあげ

レイシストのいない国は無いのかも知れませんが、レイシストと戦う人たちもまた存在しているものですね。

フランスの寿司バー、良かったですね。

日本のサッカー界でもつい先日こんなことがありました。


\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. トリ食えば名無し より:

    >レイシズムを見て見ぬ振りをするのも、レイシズムへの反対を冷笑・嘲笑するのも、レイシズムへの加担ではないでしょうか?

    重要なのはそれが誰から見ても差別かどうかを誰が判断するのかって話やろ
    正しく背景や全体像を把握できないのに意見を表明するのは逆に利用されて加害に加担する可能性もある
    実際日本でもほとんど難癖みたいなポリコレが腐るほど湧いてる
    一方的に正しさを主張して賛同しない奴は悪だ敵だと決めつける方がよほど差別的だと思うけどね

    • 名無し より:

      Twitterばっかり見てるなら知らないだろうけど日本では今でも女性差別とかいくらでも起きてるからね。それにこれ一般論を言ってるのであって個別の事例について説明してるわけじゃないから今でも普通の差別の方がポリコレによる逆差別よりも多いよ

  2. トゲハムシ より:

    とりあえず「オーべーは先進的で日本は人権後進国!」とかわけわからないこと言ってる、本来は平等で公正な社会を作る思想のはずがいつの間にか西洋至上主義に先祖返りしてしまったような一部の自称リベラルに対するカウンターとして、「それ見たことか!これが欧米とやらの地金だ!」という主張は一定の価値があると言わざるを得ないんですがね。もちろん、「だからポリコレはくだらない」となってしまうのはおかしな思考回路ですよ。ただ、人権意識の大切さを主張する上で、なぜか(適切な日本社会への批判の範疇には収まらない)日本叩きをしなければ気がすまないような人も、やはり問題があると私は思います。

  3. トリ食えば名無し より:

    >これらの差別はメディアや反差別を訴える市民によって批判されているということであり、
    >メディアによって大きく扱われるニュースである
    笑止
    俺の知る限り、この世でマスゴミとパヨクほどヒデエ~レイシストはおらん
    (佐藤守ブログ)
    私が防大に入校したのは昭和34(1959)年だが、一年前の1958年6月25日の毎日新聞夕刊コラムに「女優と防衛大生」という題で、ノーベル賞作家・大江健三郎が女優・有馬稲子と対談し、「ここで十分に政治的な立場を意識してこれをいうのだが、ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている」と発言した事があった。
    入校した私は大江健三郎に言わせると同世代の日本青年の「恥辱」として人格を否定されたのであった。
    https://satoumamoru.hatenablog.com/entry/20110419/1303189733

    自衛隊は人殺しの訓練をしている犯罪者予備軍。君のお父さんは人殺しのリーダー。戦闘機は戦争の道具でしょ?それに乗るなんて、よっぽど戦争が好きなのね
    小学校でパヨク教師が自衛官のこどもにこのようなことを言った
    などということは昔は多かった

    立川市長による自衛隊員住民登録拒否事件(たちかわしちょうによるじえいたいいんじゅうみんとうろくきょひじけん)は、1973年1月から3月に起こった事件で、自衛隊に批判的な立場をとる阿部行蔵立川市長(当時)が、当時在日米軍から返還されることが予定されていた立川基地の一部を引き継ぐ、立川駐屯地開庁のため同市内へ移駐してきた自衛隊員65名の住民登録を留保したため職権濫用で弁護士3人から刑事告発された事件。

    こんなんザラや

    • トリ食えば名無し より:

      いまでもパヨクとマスゴミは最悪のレイシストや
      「なぜ迷彩服が平和な街を行進するのでしょうか」
      とかやってるこたかわらん
      差別されるもんは顔は笑っても忘れてへんで

    • 名無し より:

      なぜ軍隊が街を行進するのに反対するかと言えばそれによって不快になる人がいるからなんだが?公共の良俗に反するだろ少しは考えろよ

  4. トリ食えば名無し より:

    アメリカ
    「武漢ウイルス」は「武漢ウイルス」だろ
    中国
    世界の危機なんだから、いや中国は制圧した
    アメリカがウイルスを持ち込んだ

  5. トリ食えば名無し より:

    奴隷ちゃん バッタに食われそう  ど~~なんの
    https://www.afpbb.com/articles/-/3271185

  6. トリ食えば名無し より:

     合成写真で腕の増えたGK川島へのコメントを思い出した
     人間は常に安心と快楽を求める生き物だから、条件が揃えば他者を攻撃してそれを得ようとする
    「いじめ」と同じできっかけは何だってよく、それが共有されれば一種のパターンと化する
    パターン化するとそれが常態化してしまって問題は(被害を被るもの以外には)認識されなくなる
     記事では「延長線上」と表現しているが、むしろ「土壌」に近いように思う
    例えるなら、その「土壌」からはいつだって種々の芽が出ているわけで、根付く前に刈りらなければ大木となって景観となってしまう
     「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」といった感じで、逆説的視点がないが故に、何も無い所に火をつけていると認識する人も多いでしょうね

  7. トリ食えば名無し より:

    差別がある=ポリコレがあるのに笑笑みたいな図式になるのか? 多くの人が海外の人を何々人って一括りにしているせいなのか? いろんな人がいるのに。そもそも、ポリコレを掲げてる人がコロナが原因で差別主義者になったのならそれは問題だとして、元々差別意識があった奴らがコロナが原因で表面化したのならそれはポリコレのせいではないはずだろうに。

  8. トリ食えば名無し より:

    そうなんですね ヨーロッパではアジア系への差別が酷いんですね
    是非現地で戦い続けてください!
    反差別運動は必要ですよね
    是非現地で!

    • のーべんP より:

      今回はヨーロッパのものを取り上げましたが、日本国内でも人種差別は見られますよ。

      非力な個人ですが、こういったことを発信していくことは無駄ではないと思っています。

      あなたも共にそういったメッセージを発信しませんか?

    • トリ食えば名無し より:

      で、あなたはなにをするんですか?他人任せですか?

    • トリ食えば名無し より:

      記事主さんに想定外の受け止め方をされましたw まぁいいけど
      ただ欧米の差別は本物です。なぜそこに向けて活動しないのか?
      やっぱ日本が自由で安全で、日本人は素直でおとなしいから好きなこと言えますもんね。
       
      日本で差別? ありました
      「日本死ね」→素晴らしい!
      「C国死ね」「K国死ね」→差別だ!ヘイトだ!ウギャー!ウギャー!
      これですね よってたかって日本ディス どうにかならないもんでしょうか
       

    • トリ食えば名無し より:

      こちらも

      韓国で「No Japan!」「日本なんかいらない」←無問題
      日本で「韓国なんかいらない」→差別だ!ヘイトだ!ウギャー!ウギャー!

    • トリ食えば名無し より:

      そうなんですね 韓国では日本人への差別が酷いんですね
      是非現地で戦い続けてください!

    • トリ食えば名無し より:

      地獄や
      ウ・コ汁とかマジ無理

  9. トリ食えば名無し より:

    何を言いたいのかわからない

  10. トリ食えば名無し より:

    どれだけ法律を厳しくしても犯罪者は出る(むしろ厳しいほど法に触れる人間は増える)
    だからといって、法律があっても犯罪をなくすことはできないから法律はいらない!とは言わないだろう

  11. トリ食えば名無し より:

    PCね~
    日本政府が「武漢肺炎」を「新型コロナ肺炎」と遠慮して言い換えている間に
    中国政府は「日本新型コロナ肺炎」と 着々と広め始めた
    https://www.youtube.com/watch?v=GoiqKfpOvmo

  12. トリ食えば名無し より:

    単純に因果関係の履き違えでしょう
    差別が現実のものとしてあらたかに蔓延しているからこそ、その反時代様式としてPCが勃興した訳です
    「PC運動にも関わらずやはり差別がある欧米は欺瞞」とか「PCへの反時代様式として俺たちは差別主義に開き直る」というのはてんでおかしいのです
    差別に満ち溢れている現実が前提なのですから「やはり差別がある」などとあたかも今までは見えていなかったなどというような指摘は当たらないですし、「差別主義」はそもそもマジョリティでしょう
    >「欧米=リベラル=進歩的=自分」「日本=後進的=自分を取り巻く周囲」と脳内で分類して精神勝利
    というような欧米神秘主義者の連中を腐すのは別に勝手ですし自分も少々賛同しますが、かと言ってそれを都合の良い因果の逆転や自身の開き直りの理由にはしてもらいたくないもんですね

  13. トリ食えば名無し より:

    反差別の重要性を一貫して訴える良い記事だと思います。
    どこにでもいる差別主義者が小煩く突っかかってくるかもしれませんが、これからも良い投稿をお願いします。

  14. アンパンマン より:

    一体何が言いたいんでしょうか、この記事は
    話題が一文毎にコロコロ変わってまったく全体の論旨が掴めようもないはずなのに
    コメント欄では理解できた人がいるようですね
    ま、単純に「欧米=リベラル=進歩的=自分」「日本=後進的=自分を取り巻く周囲」
    と脳内で分類して精神勝利して来たものの、前提が崩れたために
    「差別主義者はどこにでもいる」と言い訳してるだけでしょう
    リベラルじゃなくて「逆右翼」ってこと

    • 番外 より:

      「コメント欄で~」の対象が自分ではないことを願います。
      差別に組しないのは精神勝利()の為ではないですからね。

    • のーべんP より:

      記事内で既に言及していますが、欧米にもレイシズムが溢れていることは少なくとも筆者は以前から認識していました。
      特にイタリアやスペインなどではその件を多く見聞きする状況です。

      それを認識した上で、そういったものを解消しよう、許さないようにしようという規範がポリティカルコレクトネスであり反差別運動という論旨です。

      解決すべき問題であり、立ち向かうべき課題でありますが、そこへの取組み方を精神勝利に使うなどといったことはしません。
      そのようなことをしても反差別にはなんの意味もないので。

      長くなりましたが、この機会に反差別運動は世界共通の課題であると認識していただければ幸いです。

    • ばいきんまん より:

      この記事を要約しますと、そもそも、コロナ関係なく差別というものは存在するがだからこそ差別に反対することが必要で差別に反対する人達を嘲笑するのはおかしいでしょ。差別主義者はどこにでもいるっていう言い訳ではなく、差別主義者型どこにでもいるからこそ批難しないといけないんです。

  15. 番外 より:

    どこにだって差別する奴はいるでしょうが、そういうのを他山の石として差別に荷担しないのが大切です。
    こういう時には隠してた差別を表に出す人は多いですが、他人は他人、自分は自分です。

  16. トリ食えば名無し より:

    人間ってのはどうしようもないものだ、で片付けてしまったらなんの進歩もないですもんね。
    大々的に取り上げられるのは悪いニュースばかりだから厭世的になるのも分かるけれど、常々我が身を省みるのは大事なことですよ…

  17. トリ食えば名無し より:

    いい記事。
    賛同します。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました