【悲報】桜を見る会にて今ある事実を整理すると、どう転んでも安倍首相は法律違反になる件

からあげ調査室

スポンサーリンク
政治
この記事は約5分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。



 私ことからあげ捜査官(レギュラー)はからあげ捜査官(レッド)、からあげ捜査官(チーズ)の出現に戦々恐々していた。レッド、チーズがレポートはわかりやすいと評判がいい。



 まさか、初代捜査官としての私の地位が危ういのではないか……そこで私はからあげを食べながら、桜を見る会の問題点を頭の中で整理していった。


 さて、ここからはただの独白のようなものだ。間違いがあれば指摘をしてほしい。

からあげ捜査官(レギュラー)は考えてみた
今ある事実を整理すると、どう転んでも安倍首相は法律違反になる……

kiji3-1



 会食を開くとなればホテル側は人数を把握していなければならない。事前に人数を知っているからこそ値段をつけ見積を出せるというものだ。


 では事前にホテル側が参加予定の人数を知っておりその分のサービスを提供する用意をしていたとする。今回の桜を見る会前夜祭の場合においては、その参加予定の人数と実際に会食に来た人数が同じ数字でなければならない。そうでなければ、法律違反となってしまうのだ。

A(参加予定の人数)>B(実際に来た人数)

 ホテル側が実際に来た人数よりも多い人数分のサービスを提供したことなる。要するに5000円が適正価格であったとしたら、それ以上のサービスを提供されているわけで……


 安倍晋三は後援会行事において有権者を買収したとみなされ、公職選挙法違反 である。

B(実際に来た人数)>A(参加予定の人数)

 ホテル側が実際の人数よりも少ない人数分のサービスを提供したことになる。要するにいる人の分だけでサービスを割った場合に5000円未満になる状態のことだ。


 そうなると安倍晋三は後援会行事において収支報告書に記載していないため、政治資金規正法に違反したとなる。


どちらに道に進もうが違法行為だという袋小路に迷い込んでしまうのだ。



 追及を防ぐために、安倍首相は「費用は参加者の自己負担。前夜祭では安倍事務所が受付で宴会費用を集めて、ニューオータニ名義の領収書を手渡し、お金をホテルに支払った」としている。


 しかしここでも疑問が湧いてくる。

 ①ホテルニューオータニは「会食の場合、お金30日前までに支払ってね」という規約を明記している。

 ②もし事実であれば、一流ホテルが代金の支払いなしに、宛名無記名の領収書を前もって渡すという前代未聞の行動。

 ③参加者の自己負担ならば、なぜツアー料金前夜祭の費用が含まれていないのか
 (※『桜を見る会』が安倍晋三後援会の後援会行事として扱われて、代理店も絡んできている。しかし代理店は前夜祭についてはノータッチでホテル側と交渉などもしていない)

普通の手順であれば

安倍事務所が会食の人数をホテル側に告げる

ホテル側の見積もりを安倍事務所に提示

交渉があったりなかったりして契約へ

招待客へ案内

ホテル側に30日前までに支払いをする

安倍事務所が受付でお金を集金し「安倍事務所」なり「後援会」名義の領収書を手渡す。

 となるはずである。

しかし今のある事実のままで時系列を整理すると

参加者の人数を把握していない安倍事務所は、会食をしたいとホテル側に告げる

ホテル側、人数はどうなるのと尋ねるが答えがない。(GameOver

ホテル側が泣く泣くアバウトな人数で了承し、安倍事務所に提示。

契約へ

招待客への案内

ホテル側、30日前に支払うよう求める。

安倍事務所は招待客からお金を取ってくれと申し出る。(GameOver

ホテル側、泣く泣く了承

代金の支払いより先に領収書をくれと安倍事務所が言い出す。(GameOver

安倍事務所が受付で代金を受け取り、ホテルニューオータニの領収書を手渡す。そしてその場でホテルニューオータニに代金を渡す。



  三回ほどGameOver(無理の壁)となった。マクドナルドでファミマのチキンが販売されるくらいあり得ないと思うが、仮に事実としてあったとしよう。

 もし、そのようなことが起こったのであれば……

 先程のA(参加予定の人数)B(実際に来た人数)が同じ数字でなければならないといった。仮に先ほどの時系列が事実であるのならば、B(実際に来た人数)>A(参加予定の人数)の場合は

代金の支払いより先に領収書をくれと安倍事務所が言い出す。(GameOver)

安倍事務所が受付で代金を受け取り、ホテルニューオータニの領収書を手渡す。そしてその場でホテルニューオータニに代金を渡す。

 この辺りがキナ臭いものの、法律違反かどうかであれば断言できない。


 しかし思い出してほしい。この安倍晋三後援会ツアーは『桜を見る会』の公的行事への参加が目玉である。桜を見る会の意義、皇族なども来る行事でのセキュリティの観点から考えて、参加予定人数よりも実際来た人数が増えることなどあってはいけないのだ


 また宿泊先、ホテルを予約するのだからB(実際に来た人数)がA(参加予定の人数)より膨れ上がることはまず考えられない。


 となれば、あるとすればA(参加予定の人数)>B(実際に来た人数)


 安倍晋三は後援会行事において有権者を買収したとみなされ、公職選挙法違反である。 


 か、もしくはA(参加予定の人数)=B(実際に来た人数)


 何百人も招待しておいて、奇跡的に誰一人として欠席者がいなかったという山口県の食生活や健康寿命などに世界から注目が集まる地域になるだろう。さすがにこの奇跡がありえたのだと言い出す方はいないかと思われる。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました