襲いかかる『えらてん』の恐怖、立花孝志の逃走劇×残された取り巻き達

かとさよ

かとさよ

N国党
この記事は約3分で読めます。



 人に迷惑ばかりかけ続けるNHKから国民を守る党の党首 立花孝志氏。小金井市長選に出馬する立花氏の街頭演説終了直後か、大手配信者の『えらてん』がライブ配信しながら立花氏を突撃した。

 なぜえらてんが……となる方はこちら↓ をチェック。

立花孝志凸


 えらてん氏の捲し立てるような喋り方に、立花氏は防戦一方であった。車を出そうとしたが、「逃げんのか立花」と言われて車から降りる。


 私人逮捕だろうか、立花氏は周りの取り巻きに向け何かを言おうとした。だがえらてん氏に先回りをされて、「逮捕?逮捕?演説してねーじゃん」と囃し立てられ一瞬意気消沈。

 立花  「お前な、年上に向かってな」
 えらてん「バカヤローお前、高須さんにどんな口聞いとるんじゃ」
 立花  「うっさいわ、お前(ボソッ)」
 えらてん「柏市議選でじいさんにどんな口聞いたんだよ」
 立花  「なんや、こら、お前」※巻き舌発動

 えらてん「なんや、こら」
 立花  「やんのかこら!」
 えらてん「やってみろよ」
 立花  「やってみろよ。殴るんならやってみろよ。やり返してやるから」
  ※本人からやんのかと言っておいて殴るんなら、とは……

 終始、このようなやり取りであった。


 えらてん氏は立花氏を弱点を視聴者にわからせるためにやったのだろう。

 この動画を見る限り、立花孝志氏のやり方は『周りに話しかけるよう相手をバカにする』『とりあえず声を出し捲し立てる』『動画を撮影し晒す』の3つである。

 要するに同じことをやり返されたら、今日のような醜態を晒すのだ。

 補足するが立花氏は去り際、「参議院会館に来い、本を返す」と言い放つ。えらてん氏がわざわざ彼と話すために参議院会館に訪れたのだが本人ではなく秘書が出てきて本を手渡し、立花氏は顔を出すことはなかった

 過去に立花氏はNHKを訪れたりした際、マツコ・デラックスを待ち伏せしていた際、なぜ出てこないのだ!!と視聴者にアピールしていたのを忘れたのだろうか。同じことをやっている。

01


 どうやらえらてん氏は明日も立花氏に突撃するらしい。



 戦々恐々しているのは何も立花氏だけではない。彼の背中に隠れてN国党に批判的な一般人を無断で撮影、一緒になって煽っていた配信者や野次馬である。


 えらてん氏は彼らにもカメラを向け配信していった。彼らは他人を晒してもいい、だが自分は晒されたくないから、大半はその場から散っていくのだ。

 今後、えらてん氏によってN国党の取り巻き、野次馬は「撮影して晒す側」から「撮影されて晒される側」に回るのかもしれない。

 あと、一点気がついたのだが……

02


 人の顔や鼻毛をバカにする前に、することがあるのではないだろうか。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました