「時を越えろ、ブッシュ!!」上念司氏が他者に強いる無理難題。

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約3分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。


【これまでのあらすじ】
 自分のイベントに出演予定であったミュージシャンが脅迫された!と、デマを撒き散らした上念司氏。高橋健太郎氏を脅迫犯だと決めつけたものの、出演予定であったミュージシャンが「脅迫なんかねーよ」とツイートして嘘であってことがバレてしまった。

 しかし上念司氏は居直り、「レイシストだとレッテルを貼られた。名誉毀損だ!」と、彼自身が高橋健太郎氏を脅迫犯だと決めつけ名誉を毀損してしまったことを隠すよう、必死のアピールは続いていた。



 上念司氏がレイシストであるかどうか。特定の民族へ差別的な意識のあるネトウヨ。メディア等で彼らが求めるような言動をお金に変えていたのだから私自身は頷けるが、そんなことはどうでもいい。

 おそらくエゴサーチ(自分の名前などを検索し、自分について誰がどんな発言をしているのかを探す行為)をしたのだろう。上念司氏はこのようなツイートに噛み付いていた。

 高橋洋一・上念司は出発点が「保守」ではなく「経済」なので、ヘイト成分は少ない。 それでも「ネトウヨ受け」するために経済の皮をかぶった隣国サゲ本も出しているし、何よりヘイターオールスターズ、虎ノ門ニュースメンバーとしてブレーキをかける事なく活動しているので、まぁレイシストやろ。



 私自身の見解と近しい。だが当然ながら、上念司氏にとっては自分をレイシストと見られていることなどあってはならない。放置などできようがない。

FullSizeRender

 今日の虎ノ門ニュースを見てからそういうこと言えよ。証拠に基づかず、嫌いな奴にレッテルを貼って罵声を浴びせる匿名さんよ。お前のような奴を差別主義者というのだ。よく覚えておけ。



 まず情事・W・ブッシュ氏のような人物を指して差別主義者とは「いわない」。もし事実として上念司氏が清廉潔白であるのならば、誹謗中傷とはいえるものの、差別主義者とはならない。

 おそらく差別というものがよくわかっていないからこそ、自分がなぜ「レイシストちゃうん?」といわれているのか、上念司氏は理解していないのだろう。

 ここで問題になるのはツイートのタイムスタンプである。


 情事・W・ブッシュ氏がツイートしたのは2019年12月5日1:38。要するに12月5日以前の上念司氏の言動から自身の認識を示したのである。


 そして上念司氏の引用ツイートは2019年12月11日11:18。

FullSizeRender
『今日の虎ノ門ニュースを見てからそういうこと言えよ』


 上念司氏のツイートは時空を超えて認識を変えろと、Back to the Futureの監督・脚本であるロバート・ゼメキスもびっくり仰天し、ボキリと筆を折ってしまいかねない内容であった。

01

 上念司氏も立派な大人である。自分にできないことを他人に求めることはしないであろう。

 腕から金粉を出す青山繁晴議員のように、彼にとっては『時を越える』ことは動作も無いことなのだと推察する。やはりネトウヨビジネスを展開している方々は一筋縄ではいかない。人を超越した魅力溢れる能力を持っているのだろう。

FullSizeRender
FullSizeRender

 『時を越える』ことができるのであれば、逮捕歴もない一般市民を「前科者」と名誉を傷つけた件、高橋健太郎氏を「脅迫犯」とこれもまた名誉を傷つけた件などでダブルスタンダードと称されている現状を、人の名誉を傷つけない未来にするために『時を超えれば』いいのではないだろうか。


 デロリアンの故障だろうか。

02


 時をかける上念司氏から目が離せない。

FullSizeRender

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. 匿名な左寄り より:

    もはや経済評論家を名乗った自己愛家であろう。
    デマ情念:ボクチンハボクノコトシカカンガエテマシェーン!!
    とでも言っていそうだ。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました