【悲報】アルピニスト野口健、グレタ氏に皮肉ツイート。山登りは得意だが、マウンティングは品がなかった。

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約3分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。



 品とは敬語を使うとか、丁寧語を多用するとかそういう話ではない。どれだけ美辞麗句で着飾っても、見えてしまう汚い腹の中やひん曲がった性根というものがある。

 登山家・野口健もその一人だ。

05



 たとえば田母神俊雄氏は自身の専門である軍や兵器の知識などに関しては、立場論という土俵から一歩降りて、物を申していた。普段は取るにも足らないことを言っていようとも、専門となればキラリと光るものがある。それは自身が積み重ねてきた知見であり、プライドでもあるだろう。それが人の専門性だ。

 野口健の専門性の1つに、山登りから派生した「環境問題」がある。野口環境学校というものを作っているくらいなのだから、相当環境問題には意識が高いのではないだろうか。

02



 さらに、環境教育の必要性が訴えられている中で、次世代の環境問題を担っていく人材育成の必要性を痛感して、小・中・高・大学生を対象とした「野口健環境学校」を開校。環境の大切さを訴え、実践していくメッセンジャーを日本全国に育てている。

 次世代の環境問題を担っていく人材の育成を掲げている。対象には今話題のグレタ氏も入るのではないだろうか。さて、野口健という環境問題に取り組む先輩から、グレタという環境問題を担っていく後輩へのありがたいメッセージをこちらである。

04


あれ?電車に乗っていらっしゃるのかな?飛行機が❌という方はもちろん車も❌だろうし、てっきりヨット以外は馬車でご移動されていらっしゃるのかと想像をしていましたが…



 汚い腹の中やひん曲がった性根が見えてしまうツイートであった。常日頃からネトウヨ的な思想、情報リテラシーのなさを誇示するかのようなツイートしているなと思ってはいた。しかし環境問題を意識しているはずの野口健氏が、専門性を捨て去り、グレタ氏に皮肉を言うまでに堕ちていたのだった。



 グレタ氏は年齢以上に考えているとは思うが、やはり16歳である。指摘できる箇所というものは当然あるだろう。たとえば近代的な思想(広義的な意味での人権・環境問題など)を開発途上国に無理やり押し付けることで、開発途上国の発展を阻害してしまいかねない、人々の生活を破壊しかねないことが問題になっていたりする。

 このような知識として蓄えて欲しいことがある。また、このような具体的な指摘はグレタ氏自身の考える切っ掛けになればいい、とは思う。だからといって彼女の環境問題に物を申すという行為そのものの評価が貶められるものでもない。

 しかしどうだろうか、この野口健の大人として情けない皮肉は。

01

 同じく環境問題を考える後輩なる人物に、具体的な指摘もなくただただ揚げ足を取り、皮肉をいうだけ。おそらく野口環境学校では指導要領には環境問題ではなく、皮肉の言い方、年下へのマウンティングの取り方が明記されているに違いない。また、鉄道はCO2排出量の少ない移動手段、ということさえ教えないのだろう。


(環境問題に取り組んでいるはずの野口健氏が、『鉄道とはCO2排出量の少ない移動手段』であることを知らなかったことは、このブログだけの内緒である)

2000年CM Nestle ネスカフェ ゴールドブレンド 野口健

野口健、違いのわからない男だった



 コスモ石油、三菱自動車など野口健氏の持ち上げている企業の数々。彼らが出資しているのは環境問題に取り組む野口健氏なのか、登山家としての野口健氏なのか。前者ならば看板を背負う人間として相応しいとは到底思えない。また、野口健氏がツイッターのプロフに記載している『総社市環境大使』など噴飯ものである。



01


 『山登りは得意』というタイトルであったが、さきほどこのような指摘を受けた。私自身、登山に関しては素人も同然なので、判断は皆様にお任せしようと。

twitter.com/Longe0829/status/1205023686899617792

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ


コメント

  1. トリ食えば名無し より:

    マウンティングに品がないという記事のマウンティングにも品がなかった
    似たもの同士

  2. まつお より:

    大麻の件でひろゆき氏が野口健氏にTwitterで反撃した件で野口健氏のことを色々調べてこちらにおじゃましました。

    大麻の件は置いておいて、ネットにおける野口氏の発言は多少攻撃的だけれど、凄い人だというCMくらいの印象でしたが、今回の件がきっかけで野口健氏を調べたらとんでもない人物だとわかってショックです。

    記事にある品性の無さとか、根本は変わっていないものを周りがちやほやすることで今も勘違いされ続けているのだと思います。

    でも、この人の更正の物語って左寄りの人に親和性があると思うのですが、本人の思想は極端な右寄り。
    メディアの作り上げたイメージばかりで、その思想ややってきたことが知られてないだけだと思います。乙武氏と全く同じで元が○○野郎という。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました