東大最年少准教授、ヘイトスピーチにさらされる!?『東大も俺の発言の責任を取れ』

かとさよ

かとさよ

スポンサーリンク
時事・ニュース
この記事は約4分で読めます。

10秒で登録。
記事がアップされると通知が行きます。



 お騒がせの東大最年少准教授 大澤昇平氏がどうやらヘイトスピーチに晒されているらしい。


 どのような内容かを確認してみよう。

FullSizeRender

出た!ヘイトスピーチ!
あなた方の友人が同じことを言われたらどう感じます?

 

 おそらくこのツイートの引用下のツイートが大澤氏へのヘイトスピーチが書かれているらしい。



 そもそもヘイトスピーチとは簡単に言えば人種、民族、宗教、性別などに対する偏見や差別に基づく言論となっている。

 炎上の発端となった大澤氏の「中国人は雇用しない」などの表現はドストレートな国籍差別・民族差別に値する。その理由はパフォーマンスや安全保障と語っていたが、偏見に基づく差別的行為と言ってもいいだろう。当然ながらヘイトスピーチにも該当する。

 AIの過学習と言い訳を述べていたが、統計的差別というのもあるので要注意だ。

 Wikipediaから引用すれば「経済主体(消費者、労働者、雇用主など)が、交渉相手の個人に対して不完全な情報しか持っていない場合に、統計的に合理的に判断しようとした結果として、人種または性別に基づく不平等が生じるという行動で、「差別の経済学」と言う経済学的理論に基づく用語」となる。

 例を挙げてみよう。

 とある財布を同じくする白人男性と黒人女性の夫婦がいて、クレジットカードを申請したとする。限度額が過去に蓄積されたデータから決まるとして、夫である白人男性の限度額が5万ドル、妻である黒人女性の限度額が2500ドル。黒人という属性である、女性であるということで限度額が低く見積もられたとなるわけだ。これが統計的差別となる。


 さて、大澤氏が受けたヘイトスピーチに話を戻そう。引用下のツイートを覗いてみることにする。

FullSizeRender
FullSizeRender

 東大の名誉を汚しておきながら、まだ看板にしがみつき、何を言う!早く自惚れから目を覚まし、潔く職を辞せよ。他者を偏向呼ばわりする前に、人並みの教養を身につけなさい。情けない。

    ………….(・Д・)

 この批判から人種、民族、宗教、性別などに対する偏見や差別を探し出してほしい。生憎だが私には見当たらなかった。

 大澤氏の考えるヘイトスピーチとは「自分の非難する声」「自分が気分を害する言葉」なのだろうか。おそらく今まで差別を生み出している社会構造などにまったく無関心でいたのだろう。そして自分が差別をする人間ではないと思い込んでいたに違いない。

FullSizeRender

 だって今のTwitter、どう考えてもマイノリティ俺じゃん

    ………….(・Д・)

 改めて「あんたの言動は差別やで」と糾弾され、社会的にも問題視されて、保身のために必死で差別に関して調べ始めた。被害を受けている自分が差別されているTwitterにおいてのマイノリティという認識に至ったということだ。


 ついでにもう一つ突っ込みたい。どうやら謝罪を撤回かもなどと言っているようだがその理由が……

FullSizeRender

 組織の価値を尊重するなら、本件は抗議が集中した段階で問題の書き込みを行った人物を呼び出して厳重注意、再発防止策として一筆書かせて電話はコールセンターに回す、という対応を俺が組織の上層部だったらやるが、現実は誰も責任を取りたがらないので臭い物に蓋をして終了。これでは何も改善しない。なので、大学や寄付企業の対応が不誠実なら Apology を撤回することも視野に入れてます。

 そういえば本件で東大は謝罪したけど責任は誰が取るんでしょうか。

 具体的な再発防止策をお示しいただきたいんですが、もちろん MTG でそういった議題には話し合われてるんですよね?


 このツイートに、まるで子供のような言い草に私は目を疑った。



 東大最年少准教授の言い分を簡単にまとめれば、『自分が差別的なツイートをしたので謝罪する。しかしこれは東大という組織の問題でもある。東大は謝罪をしたのだが責任は取らない。東大と寄付をしている企業の対応が不誠実だ。ならば私は謝罪を撤回する』である。

FullSizeRender

 東大からツイートに関して注意は受けてるんですが、スタンスとしては「俺らの余計な仕事増やしたのは全部お前のせい。謝罪したんだから処分が決まるまで大人しくしろや」からスタートするし、問題の構造や再発防止策をを説明しても全く聞く耳を持たない。 僕に謝罪したことを後悔させないでほしい。

 問題の構造や再発防止策は社会的にみても、差別発言をした信頼が失墜した大澤氏ではなく、組織が決めるのが妥当である。

『僕に謝罪をしたことを後悔させないでほしい』

 後悔しているのは誰であるか一目瞭然だろう。 

01

 だがそんな大澤昇平氏でも必要としてくれている場所はある。そろそろオファーする動画でもアップされるのではないだろうか。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました