伊藤詩織氏の勝訴により、祝杯をあげていた上念司氏と足立議員が手の平くるりんぱ

かとさよ

かとさよ

時事・ニュース
この記事は約4分で読めます。




 元TBSの記者である山口敬之氏に性被害を受けたと訴えていた伊藤詩織氏。2019年12月18日、東京地方裁判所が山口氏に330万円の賠償を命じる判決が言い渡された。

 伊藤詩織氏の言動は不合意の性交であったことを一貫して示している。

 山口氏の当時のメールと内容に矛盾があり確信部分についてと変遷しており山口氏の供述には信用性に欠けると判断されたのである。

 山口氏は伊藤詩織氏による記者会見や著書、メディアでの発言において名誉とプライバシーを傷つけられたと1億3000万円の損害賠償を求めていたが、「性犯罪の被害者をめぐる状況を改善しようと被害を公表した行為には、公共性や公益目的があり、内容は真実だと認められる」として裁判所は訴えを退けた。

 司法は伊藤詩織氏が山口敬之氏からの性被害にあったことを認めたのである。

 ではなぜ起訴に至らなかったのか。警察、検察が非難される事態となるだろう。



 山口敬之氏への非難もあるだろうが、それよりもさらに重要なのは警察、検察への抗議である。池袋の事故においても同じである。加害をした者への非難や中傷に集中してしまいがちで、判断をした組織への抗議がおざなりとなってしまうからこそ、警察や検察がまたやらかすのだ。

 さてこのような司法判断が下れば、当然手の平を返す者たちが出てくる。

FullSizeRender


 報道特注という番組において、検察審査会での不起訴相当が認められたときの状況だ。シャンパンで乾杯をして山口敬之氏を祝っている面々。足立康史議員、和田政宗議員、そして経済評論家の上念司がいる。


 その中の足立康史議員と上念司氏は今回の性被害があったとの司法判断に対して、

FullSizeRender

山口氏とは、2016年年7月東京地検、17年9月検察審査会を経て不起訴が確定したため、その翌月に番組をともにした経緯がありましたが、本判決を踏まえ、当面、同番組への出演は自粛することといたします。

FullSizeRender
FullSizeRender

 私も山口さんをこれまで擁護してきたことについて責任があるので、アベプラ出演前にコメントしておきます。結論から申し上げて、この判決を受けて山口さんを擁護するのは難しいと思いました。

 双方の矛盾した主張について、裁判所が「山口氏の説明は重要な部分で不合理に変わっており、信用性に重大な疑念がある」と判断したわけです。よって、現時点ではこれが第三者による客観的な判断として受け入れるより他はありません。

 もちろん、山口さんにも言い分があるでしょう。また控訴は権利ですのでそれを行使することを私は咎める気はありません。ただ、あくまでも私の主観ですが、控訴しても負けると思います。


 このように述べている。祝杯時にセカンドレイプたる発言はなかったのであろうか。状況的には疑わしい。

 だが司法判断において性加害をしたことが認定した山口敬之氏への番組内で祝杯をあげる行動は、状況的に考えれば性被害者への二次的被害に相当すると思われる。両名ともに伊藤詩織氏への謝罪がないところが見ものだ。


 そして上念氏については山口氏擁護の責任を感じ、今回の判決に対して冷静な分析をしているのだが、自身の謝罪なくして擁護の責任と言えるのだろうか。

 たしかに上念氏がこのように述べることにのり、上念氏のファンたちに冷静に司法の判断を受け止め、伊藤詩織氏への二次的加害をやめるような動きになればいいのだが、

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

 
 これが現実である。

 そしてこうなることなど上念司氏にとっては予想済みであり、

FullSizeRender

あと、公判中に山口さんの弁護士がパワハラもどきの尋問を伊藤詩織さんに仕掛けたのも、裁判官にかなり悪い心証を与えたと思います。正直、今回の弁護士さんはイマイチだったのではないでしょうか。あくまで私の主観ですが。

但し、刑事よりも民事の方が立証のハードルが低い点は留意する必要があります。民事で賠償命令が出ることと、刑事事件で有罪となることとは別問題です。山口さんにも人権がありますから、そのことで誹謗中傷することはダメです。まして安倍陰謀論なんて論外です。



 「弁護士がイマイチ」、「刑事よりも民事のほうがハードルが低い」などと緩和すること忘れない。だがこれは恣意的に論点をずらしている。本来は「性被害があったかどうか」が問題なのであり、彼女の受けた性被害を警察、検察が取り合わなかったことこそ問題視すべきなのだ。そしてそこにもし何かしらの圧力があるのならば、問われるべきだ。


\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました