【悲報】東大最年少准教授 大澤、中国スパイの証拠に観光バスをあげてしまう

かとさよ

かとさよ

時事・ニュース
この記事は約2分で読めます。


13

 事実、東大は中国のスパイに侵略されつつあると言っても過言ではない。本郷通り添いの土地はほとんどが中国に買い占められ、「ここに駐車しないでください」とラベルが書かれた赤門の前には時折堂々と中国人を乗せたバスが止められている。昼の安田講堂周辺は、30人ほどの中国人がいつも集まっている

本郷通り添いの土地はほとんどが中国人に買い占められ
  →そんな話を聞いたことがない

 中国人を乗せたバスが止められている。
  →……観光バスです。

 30人ほどの中国人がいつも集まっている。
  →……観光です。

 実は東大は観光スポットとして人気が高いため、旅行会社によるツアーなどが組まれていたりする。

 東大を観光する中国人旅行者が大勢いることをスパイに侵略されていると言うのは過言ではなく、ただの『デマ』であった。

 なぜこうも簡単にデマを吐けるのだろうか。それはリツイート数やファボ、リプ欄などを見ればわかる。「自分は日本を守っている」という妄想に取り憑かれ、自己実現を果たし恍惚感に浸っている者たちから支持をされるからであろう。


14
私は平日は毎日本郷に出勤していたので、大学の惨状を間近で見、肌で体感してきた。だからこそ、日本の学術的地位が中国共産党によって脅かされてきている危機感を感じている。反差別という大義名分で、スパイを受け入れる「優しい国家」になってはいけない。彼らに断固NOを突きつけるべきだ。


大学の惨状を間近で見、肌で体感してきた
  →旅行者が増えていることが彼にとっての惨状のようだ。

 日本の学術的地位が中国共産党によって驚かされている危機感
  →……だからなぜ旅行者がどうしてそこにつながるのか……

10
 株式会社 Daisy は安倍政権を支持します


 今、安倍内閣はインバウンドを増やそう増やそうと頑張っている。中には中国旅行者も当然含まれるわけである。もし大澤氏が事実として中国共産党に対して危機感を抱いているのであれば、証拠としてあげた中国人旅行者の増加をさらに推し進めようとしている現政権を応援しているという、不可思議な迷路に迷い込んでしまう。

 何をしでかしたとしても中国、韓国、北朝鮮を悪者にしておけば、3カ国の脅威論を唱えておけば、「日本を守って恍惚感を得たい」者たちの支援を得てしまえ、しでかしたことがチャラになる。 

 この現状こそに危機感を抱いている。差別をしても保身のために3カ国の脅威論を唱えておけば許される「優しい国家」になってはいけない。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

  1. トリ食えば名無し より:

    自分の感想なだけでソースないの笑ったw
    誰の土地か調べてみたら?

    本郷通り添いの土地はほとんどが中国人に買い占められ
      →そんな話を聞いたことがない

     中国人を乗せたバスが止められている。
      →……観光バスです。

     30人ほどの中国人がいつも集まっている。
      →……観光です。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました