『中国企業からの収賄』『政治資金で不倫』『メロンカニ』続出する自民党議員の不祥事

かとさよ

かとさよ

政治
この記事は約3分で読めます。




 昨日書いたレポートからの流れだが、お笑い芸人のほんこん氏は「桜を見る会問題ばかりやって!政策をしてくれ!!」とTwitterで荒ぶっているものの、実は桜を見る会問題は国会内での2%程度であったりする。


 桜を見る会の問題に隠れてしまい見えにくくなっている、というのはわかるのだが、日本が好きなら国会中継を見ないものだろうか。ほんの少しでも見ていたら、桜を見る会問題で終始しているわけではない、というのもわかり得るものなのだが。そう考えると「好き」というのも、空っぽに思えてくる。

 見えにくくなっているのは、何も政策だけではない。議員の不祥事もである。桜を見る会問題にばかり注目がいってしまい、ついつい忘れ去られやすいのだ。桜を見る会問題に紛糾している前も最中も議員の不祥事がザックザクと出てくるのも考えものだ。

 というわけで、2019年下半期の『自民党』議員に限定して不祥事を記載していく。漏れがあるかもしれないので指摘していただけたら、加筆していこうと思う。

2019年9月

 外国人労働者の在留資格をめぐって口利きを行ったと報じられた上野宏史衆議院議員。厚生労働政務官を辞任したが離党や辞職の考えを否定。

FullSizeRender

2019年10月

 秘書に暴行した暴行と傷害の容疑で書類送検されている自民党議員の石崎徹衆議院議員が「離党の考えもない。初志貫徹して国家国民のために頑張りたい」と議員辞職、離党の考えを否定した。

FullSizeRender

 有権者にメロンやカニを送り、また自分名義の香典を秘書に持って行かせた(禁止されている)として公職選挙法違反を指摘されている経済産業相を辞職した菅原一秀議員は10月25日以降、国会欠席。

FullSizeRender

 運動員に上限を超える報酬を支払い、公職選挙法違反を指摘されている河井案里参議院議員、そして夫で法務大臣であった河井克行議員もまた10月31日以降、雲隠れを続けている。その後も広島県議に金を配っていたなどは報道がなされた。

FullSizeRender

2019年12月

 兵庫県姫路市の自民党議員、井川一善市議が議会運営委員会を「病院で検査を受ける」と虚偽の理由で欠席し、女性とタイヘ海外旅行をしていたことが発覚。

FullSizeRender





 そして今話題なのはこちら↓↓↓

FullSizeRender


 自民党 秋元司衆議院議員はカジノ含む統合型リゾートをめぐって中国企業から現金数百万円を受け取っていたことが判明。本人は否定しているものの、東京地検特捜部は動き出した。秋元議員は離党届けを提出し、自民党は受理したとのこと。

 「立憲民主党は中国のつながっている!」

 「沖縄辺野古基地移設問題で反対運動には中国マネーが流れ込んでいる!」

 「日本共産党は中国共産党の下部組織だ!」


《結論》 
 これらは嘘。自民党議員に中国マネーが流れ込んでいる。

 こちらも驚きだ。Twitterではすでにトレンドに上がっているほど衝撃のニュースであった。12月26日発売の週刊誌から、小泉進次郎環境相へのどでかいプレゼントだ。

FullSizeRender



 進次郎、政治資金で「不倫ホテル代」
 税金で不倫。
 税金で不倫。
 税金で不倫。


 桜が散ってしまうほどインパクトが強烈である。

 結婚前のこととはいえ、滝川クリステル氏との新婚ホヤホヤのご夫婦に亀裂が走ってしまうのか。またそれだけではない。幽霊企業にポスター代4000万支出という怪しいお金の流れもあるらしい。

 なんで自民党だけの不祥事を取り上げるんだ!偏向している!

 との批判を浴びそうである。 


 理由は一つ。自民党、維新の議員は不祥事が多すぎるからである。N国党は論外だが、この二つの国政政党は不祥事がやはり際立って多い。ただそれだけだ。

 もし他の党の議員のもまとめろというのであれば、からあげ速報はいつでも寄稿をお待ちしている、と伝えておこう。

 差別、根拠に乏しいものは除く。書いた内容にはしっかりと責任を持ってもらうが。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました