ここはどこの国なのか!?大阪市営地下鉄のポスター。保守速報への晒し行為に続き大阪市は反日!?

かとさよ

かとさよ

時事・ニュース
この記事は約2分で読めます。


 大阪市営地下鉄にて発見したポスターである。そこにはハングルと中国語のポスターが貼られていた。

FullSizeRender


 しかしここは日本である。英語ならわかる。なぜわざわざ中国語とハングルのポスターが必要なのだろうか。そしてなぜこれだけなのか……保守速報の運営者である栗田氏をヘイトスピーチ条例で晒したのは、大阪市が反日だからではないのか!

 とよく騒いでいるので界隈がいるので、界隈が騒ぐ前に私の方から取り上げてみた。

 実際大阪市営地下鉄のポスターはこのようになっている。

FullSizeRender


 左から二つを切り取りした画像であったのだ。タイトル詐欺との批判は甘んじて受け入れるが、優しめにしてほしい。

 さて、先ほどの解答は訪日旅行者にある。目を見開いてデータを見ろとしかいえない。

FullSizeRender


 わかるだろうか。中国と韓国からの旅行者数は他国からの旅行者数に比べて桁が違うのだ。そりゃ商売を考えたら、中国語もハングルも宣伝のために使うだろう。ただそれだけなのに鬼の首を取ったかのように騒ぎ立てることこそ愚かしい。

 とはいえ、こういうことをやっているから

FullSizeRender


 上の画像のような結果になるのは承知している。リツイート36くらいで700票程度の「からあげ速報は閉鎖して欲しい」という声が集まるとは恐れ入った。デマ吐きバイラルメディアのnetgeek、ネトウヨまとめサイト保守速報、もえるあじあを足してもからあげ速報に向けられたシュプレヒコールには届かないのだ。

02
(友情出演:H速報ブログ運営者K氏)


  ではみなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

\2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/

にほんブログ村 政治ブログへ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました