織田ともか

サブカル

「人間失格」執筆机を本邦初公開!ー「太宰治と埼玉の文豪展」

「聖地巡礼」とは… 1 宗教上の聖地・霊場などを参拝して回ること。聖地巡拝。 2 俗に、熱心なファンが、アニメ・漫画の舞台となった土地や建物などを聖地と称して訪れること。(『デジタル大辞泉』より) ……そして、「文豪とア...
サブカル

「月に吠えらんねえ」読後感。 優しき“ひのもと”の為にーー今は戦後か戦前かーー

まず始めに、この漫画を勧めて下さったKさんに深く感謝の意を捧げます。 単行本で追っていた漫画「月に吠えらんねえ」が完結した。 舞台は近代詩歌句(しかく)街。 おもひ まぼろし ことだまの街。 詩...
サブカル

【ネタバレ注意】文学と舞台への新たな挑戦ー舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ演舞」

1月9日、木曜日。  会場に足を踏み入れた瞬間目に飛び込んで来た、薄暗い舞台に浮かび上がる歯車。首筋がぞわりとした。 舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ演舞(ワルツ)」。 DMM GAMESより配信されている、文豪転生シ...
サブカル

文学は美味しい!? 文学と手土産のマリアージュ『おもたせしました。』

日本文学に触れたくても、何から手をつけたら良いのか迷っている方は多いのではないかと思われます。  アクタガワリュウノスケとか、ダザイオサムとか、「名前は知ってるんだけど、どんな人たちだったんだろう。何を書いた人だっけ…」と記憶を辿...
サブカル

「あとにつづくものを信じて走れ」……井上ひさしが遺した最後の3時間『組曲虐殺』

 10月23日水曜日、眩しいほどの快晴。天王洲銀河劇場前に並ぶ行列の中に私はいた。井上ひさしの音楽劇「組曲虐殺」の再々演を観るために。  初演は2009年の秋に上演された。しかし、彼が翌年の4月に亡くなってしま...
タイトルとURLをコピーしました