2020-01

サブカル

TRFのSAM、Youtubeチャンネルを開設!ファン必見、SAMのプライベート満載となる(予定)

 TRFのメンバーとしてメジャーデビューを果たし、それ以降も多数のアーティストの振り付けなども担当したダンサーのSAM氏が、11/16にYoutubeにてSAMTubeを開設したらしい。   初動画が配信されて6時...
N国党

勝てる裁判も立花孝志が関われば敗訴!?ついには裁判長さえも脅す奇行に走る。

 立花孝志氏はNHKの集金人から不当な契約を求められたF氏を口八丁にのせて訴訟を起こしていた。私の記憶が正しければ、Fさんはテレビを持っていない状態での契約ということで瑕疵があるため、勝てる見込みがある裁判であった。 ...
時事・ニュース

桜を見る会前夜祭問題、足蹴にしたからあげの値段に泣かされる。

 からあげ捜査官は安倍晋三首相の桜を見る会前夜祭問題にて、追及逃れのためにからあげを利用した者たちに遺憾の意を表明する。   怒りに震えている。  昨日の朝方、DMにて桜を見る会について書いてみたらどうかと、とある先輩がアドバイ...
N国党

10問10答×N国党に襲い掛かる悪夢『キングボンピー』。≪立花孝志氏へのメッセージもあり≫

キングボンピー氏()  桃太郎電鉄シリーズをプレイしたことのある方であれば、このアイコンだけで恐怖がわかるであろう。NHKから国民を守る党の党首立花孝志のYoutubeチャンネル、これは『立花ひとり放送局』という法...
時事・ニュース

竹田恒泰氏の『貴殿は私の訴訟に耐えられるかな?』弁護士含む法クラ界隈の反応をまとめてみた

竹田恒泰氏のツイートは、竹田民(竹田恒泰氏のファン)達が狂喜乱舞であった。  「やってください!」  「さすがです、竹田先生!!」  N国党の立花孝志とその支持者たちのやりとりと親和性が高そうというのが...
時事・ニュース

話題沸騰中のChange.orgの署名が詐欺的手法『竹田恒泰の講演中止に追い込んだ左翼を逮捕しろ』から『教育勅語を義務教育に採用して』へ内容変更

 概要としては、竹田恒泰氏の講演が中止になったことに憤った方々が中止に追い込んだとされるとあるアカウントを捕まえてくれ、という署名運動であった。  しかしながら講演が中止になった理由は脅迫行為であり、そのアカウントは「竹田...
サブカル

小沢健二 ニューアルバム『So kakkoii 宇宙』Twitterでの本人コメントまとめながら全曲レビュー

 小沢健二のニューアルバム『So kakkoii 宇宙』がいよいよ発売されました。 【完全生産限定盤】をAmazonで購入。といっても完全生産限定盤しか現在は購入できない状況。装丁もこんな感じ。  ...
時事・ニュース

【悲報】皇室芸人・竹田恒泰、自分の講演を中止に追い込んだ相手を逮捕するため、偽名で署名をしていたことがばれる。

 竹田恒泰氏がとある自治体で子供たちを対象とした講演をする予定であったが、彼の差別的な言動を問題視して、もう一度考えなおすよう批判が殺到した。ついには竹田氏の講演はなくなったのだが、やはりどこにでもアホはいるもので...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました